10万円未満の少額を借りたいときに利息を抑えてカードローンを使う

10万円未満の少額を借りる時であっても、カードローンには金利がかかります。そして、利息制限法の上限では、10万円未満の融資を受ける場合のマックスの金利が20パーセントに設定されています。したがって、意外に支払い額が多くなります。もちろん、もともとの額が低いため、それによって返済が難しくなるということはまれですが、利用者としては負担をできるだけ軽くしたいところです。そこで、カードローンごとの金利を比較して、最も低いところを活用するのがおすすめです。
カードローンの中には、初月に限り無利息に設定しているところがあります。少額を借りる場合には、金策がすぐにできることが多いためすぐに返済しやすいです。そのため、この無利息のサービスを利用していると、実質的に自分は何の負担もしなくてもよくなります。そこで、利用するのならこうした無利息期間がある業者を利用した方がメリットが大きいです。
また、中には数万円程度の少額融資に限り、無利息期間をさらに延ばして3か月ほどとしているところもあります。この場合も、少ない借り入れなら比較的お金を用意しやすいため、実質的に負担をゼロにして返済できます。このように、無利息期間があるカードローンは、借りたい額が少ない人にとっても大きなメリットとなります。そのため、利用先はどこでも良いとは考えずに、どれが自分にとってお得かという観点から選ぶと、トータルで得をすることになります。
http://www.tppmpsfortransparency.org/