ビルドマッスルの愛用者は日本でも増えている

少し前にはジョギングブームがありましたが、今後は筋トレブームに向かっています。というのも、もともとジョギングは健康増進でブームになっていましたが、筋トレの方が健康効果が高いという理由です。有酸素運動は日常生活の延長程度の負荷なので、代謝を高めたり、成長ホルモンを分泌させる力がそこまでないです。脳内の神経伝達物質には作用するのですが、無酸素運動ほどではないでしょう。無酸素運動をやってビルドマッスルで筋肉を修復させることで、代謝を高め、成長ホルモンを分泌させます。これは結果的に肌や内臓の機能を高めるので、肉体のレベルが爆発的に高まります。これは病気にもなりにくくするのでメリットが多いでしょう。
ビルドマッスルの愛用者はアメリカには多いですが、これは筋トレの科学的な効果をアメリカでは一般に認知されているためです。アメリカはジョギングも行われますが、科学的なことを一般人が意識しているので、ビルドマッスルで筋肉を回復させるようなことも行われています。日本人の方がどちらかというとファッションや感覚というものを大切にするので、なんとなく細くてかっこいいという感じでジョギングばかりが行われる場合が多いのですが、体の機能を高めることや効率の観点では損が多いでしょう。いくら走っても肺以外の内臓の機能を爆発的に高めることはできませんし、肌の機能も高まりにくいです。
効率を考えて運動を選択していくということも重要でしょう。
http://www.elmananadigital.com/